人と仕事を繋ぐ最初の出会いの場となるのが求人広告です。

企業やお店は、まだ顔も知らない働き手のイメージ像を見ながら広告を作ります。
そしてその求人情報を見る人は、その文字や写真を通して企業やお店を見ようとするのです。

求人誌の1ページ、求人サイトの1ページは、双方が導かれ合うとてもドラマチックな場所であるといえます。
その出会いが募集した企業やお店にとって、その応募した人にとって良いものになるか良くないものになるのかはお互いにその時点ではまだわかりません。
その出会いを運命の出会いにするために。
まずは先手を打つ、求人広告を出すということについて考えていきたいと思います。

片方のアプローチからはじまるのが出会いの常。
恋愛ではシャイで奥手な男性に、我慢できず女性から切り出すみたいなことは多くあるようですが求人業界ではどうでしょう。
引っ込み思案の会社に痺れを切らし優秀な人材が向こうから、という形はほとんど稀なケースだと思います。
望んでいる対象に近づくためには、まず企業やお店側のアプローチの仕方が重要なことだといえるのです。

原宿で知り合った人と銀座で知り合った人は人種が異なります。
また、朝のジョギング中に知り合った人と野外フェスで知り合った人も人種が異なります。
その場その場で集まる人のタイプは違ってくるのが当然。
求人広告も同じことで求人雑誌やフリーペーパー、求人サイト、新聞折り込みなど載せる媒体もいくつかの種類があります。
それぞれに見る人の傾向があるというのは誰もが想像できることと思います。
求人をどこに出すのか、というのも重要になってきます。

そしてその次はその中でも特にどのような人に、どのように声をかけるのかが勝負の分かれ目になってくるのです。
やはり企業、お店側にしては優れた人材を望んでいますよね。
その「優れた人材」というのはあくまで求人を出す側の作った像であり、それを文章でうまく表現しなければいけません。
あと大切なのは求人広告を出してから、実際に採用するまでの間。
その期間はこちらが選んでもらう側の立場だということです。
企業やお店は求人広告の限られたスペースで最大限のアピールしなくてはいけないのだと思います。
応募する側は何も見えてこない文章や写真を参考にしてその企業、お店に飛び込もうなんて絶対思いません。

運命の人に出会うために、最初の場所をセッティングし招待するのが求人広告を出すということだと思います。

お役立ちサイト

オフィスデザインでイメージ戦略を
イメージ戦略だけでなく、来社した人も驚くオフィスに

オフィス移転は荷物を運ぶだけではありません
LAN配線やワークスタイルに合わせた家具の配置も考えましょう

クリニック経営に必要な知識とは?
キャンセル待ちが出る人気のセミナーで経営力をアップ!

横浜のポスティング会社選ぶなら
ポライトはスタッフの研修もしっかりと

OPP袋の激安通販はジブリック
業界最安値に挑戦中!他との違いは価格以外もあります