求人広告を掲載した結果、予想していたよりも反響が多かったとします。

しかし、それで成功とはいえません。
応募の数が多くても望んでいた人材が0だったら、その広告は無意味なものとなります。

来てほしいと思うような人材がこない場合、原因はどこにあるのか考察してみましょう。
それはまず掲載する媒体が適していなかったのではないでしょうか?
掲載した媒体を見る人の層が望んでいた人材とは異なっていたとした思っていた結果は得られませんよね。
次に、その記事の書き方に問題はなかったのかをもう一度見直すべきなのかもしれません。
募集要項の文章が的を絞れていなかったということはなかったか考えてみるべきです。
またそれ以外でも採用したい人材を逃すようなマイナスイメージに繋がる部分があったのかもしれないですね。

的を大きく募集すれば当てはまらない人が応募してくるのも当たり前です。
しかし絞りすぎるとせっかくお金を出して求人広告を掲載しても思うように応募がないかもしれません。
求人広告の記事というのはちょっとした言葉、言い回しで結果が大きく変わるものなのですね。