求人広告には何が書かれているでしょう。

職種や給与のこと、勤務地、勤務時間などの仕事に関する情報、そしてどういった人材を募集しているかが記されています。
またそれ以外にも仕事を探している人はキャッチコピーや写真からその職場の雰囲気や従業員の人柄も見ようとしています。
その一枚の記事だけを見て応募者はそこで働きたいかどうかを決めるのです。

そういう意味で求人広告のどこを見られているかを、募集する側は把握しておかないといけないですね。
私が仕事やアルバイトを探す時に求人情報のどのような部分を見ていたかといいますと、まずは職種と勤務地でした。
それで絞った後に勤務時間や資格、経験みたいなものに目をやっていたと思います。
給与のことはそこまで気にしていませんでしたね、今思えば。
そして写真などから読み取れる職場の雰囲気を見て合う合わないを判断していた気がします。
その職場の人の感じに違和感があれば職種や勤務地が良くても応募できなかった記憶があります。