求人広告のどこを見られているのかを

求人広告には何が書かれているでしょう。

職種や給与のこと、勤務地、勤務時間などの仕事に関する情報、そしてどういった人材を募集しているかが記されています。
またそれ以外にも仕事を探している人はキャッチコピーや写真からその職場の雰囲気や従業員の人柄も見ようとしています。
その一枚の記事だけを見て応募者はそこで働きたいかどうかを決めるのです。

そういう意味で求人広告のどこを見られているかを、募集する側は把握しておかないといけないですね。
私が仕事やアルバイトを探す時に求人情報のどのような部分を見ていたかといいますと、まずは職種と勤務地でした。
それで絞った後に勤務時間や資格、経験みたいなものに目をやっていたと思います。
給与のことはそこまで気にしていませんでしたね、今思えば。
そして写真などから読み取れる職場の雰囲気を見て合う合わないを判断していた気がします。
その職場の人の感じに違和感があれば職種や勤務地が良くても応募できなかった記憶があります。

広告料は高いからで安めのとこだと

正直な話、どこの企業・お店も多くの媒体を使い求人のアピールをしたいものです。

しかし求人広告を出す媒体へ支払うコストを考えずにむやみに広告をうつことはできませんよね。
求人広告の費用というのは媒体によってさまざま。
それじゃ一番安いとこを選んで、と考えたいですがどうなのでしょう。
安くても見ている人が少ない媒体では思った結果が得られないかもしれません。
また広告のスペースの問題で伝えたい情報が伝えきれないというおそれもあるでしょう。
そのせいで来てほしい人材のイメージ像とは異なる人たちの応募を招いてしまうこともあるのです。

最近は広告料無料を謳う媒体も出てきています。
そういうタイプの媒体の中でも応募があれば料金が発生したり、採用すれば料金が発生したりとシステムはさまざまです。
高いとこが良くて安いとこは良くないと一概に言うことはできないでしょう。
その企業・お店に適した媒体というのを探すしか手段はないのだと思います。

来てほしいと思うような人材がこない・・

求人広告を掲載した結果、予想していたよりも反響が多かったとします。

しかし、それで成功とはいえません。
応募の数が多くても望んでいた人材が0だったら、その広告は無意味なものとなります。

来てほしいと思うような人材がこない場合、原因はどこにあるのか考察してみましょう。
それはまず掲載する媒体が適していなかったのではないでしょうか?
掲載した媒体を見る人の層が望んでいた人材とは異なっていたとした思っていた結果は得られませんよね。
次に、その記事の書き方に問題はなかったのかをもう一度見直すべきなのかもしれません。
募集要項の文章が的を絞れていなかったということはなかったか考えてみるべきです。
またそれ以外でも採用したい人材を逃すようなマイナスイメージに繋がる部分があったのかもしれないですね。

的を大きく募集すれば当てはまらない人が応募してくるのも当たり前です。
しかし絞りすぎるとせっかくお金を出して求人広告を掲載しても思うように応募がないかもしれません。
求人広告の記事というのはちょっとした言葉、言い回しで結果が大きく変わるものなのですね。