求職者を募るために求人広告を出すわけですが、もちろんそれを使わずない企業・お店も多いです。

そういう場合は時店の店頭に掲示したり、また知り合いを通じて求職者を探したりするのだと思います。
多くの人の目に届くようにするためには求人雑誌や求人サイトに載せた方が効率がいいはずなになぜそうしないのでしょう。
また一つの媒体だけで載せているより多くの媒体を使って求職者を募ればいいのに、なぜ多くの企業・お店はそうしないのでしょう。
当たり前のことですが、それは求人広告を出すのにコストがかかるからです。

コストをかけすぎても優れた人材が集まらない恐れも十分にあるでしょう。
また、広告費を節約し誰も見ていないような媒体に載せるのでは全く今がありません。

一昔前には求人雑誌が普及していましたが、ここ数年で求職者の仕事探しの手段は求人サイトへと移ってきてるようです。
その変化は広告を出す企業やお店にとっても懐事情に都合がいいのだとか。
掲載料が紙面などに比べ安価ということに加え、印刷ものよりも圧倒的にスピーディーに掲載できるのも利点です。

それでも多くの求人サイトで一斉に募集するのは莫大なコストがかかります。
効果はあるでしょうし自社のアピールにもなるとは思いますが。
最近では無料掲載の求人情報サイトも増えてきているといいます。
応募が発生して料金が発生する応募単価制のサイトや、採用が決定すると課金される成果報酬型のサイトなどあるみたいです。

しかし望む人材によっては新聞で募集する方が適していたり、求人雑誌を手に取る層をターゲットにしているかも知れませんよね。
いろんな媒体があるとは思いますが、どこが一番というのはないでしょう。
企業、お店によって求人の仕方はさまざま。
求人のために使える予算もそれぞれ違います。
使ったコスト以上に優れた人材が集まれば成功といえるし、その反対もあるでしょう。
なにより広告の内容や掲載のタイミングでも結果は左右されます。
求人広告を出すというのはとても難しいことなのですね。